記事一覧

質問:キャリア構成をどうするか?

まだまだ やります、Q&A のコーナー!

この質問はなんと高校生の方から!まだまだ将来の選択肢が広いのが羨ましい。そして、高校生にしてここまで考えてらっしゃるのはすごいですね。私の高校時代とは大違いです。


質問

私は(中略)、カナダにフェアトレードを学びに一年間留学します。私はフェアトレードの制度に興味を持っていて、研究も行ってきましたので、将来それに関連した職業につきたいと考えています。 そこで進路についてアドバイスを頂けないでしょうか?

今考えている進路としましては、帰国→〇〇大学経済学部(在学中:国連ユースボランティア)→社員教育の盛んな企業に就職 五年程働く→海外大学院→国連関係機関(中略)。

① 上記の進路で国連機関職員になるために足りないことはありますか?

② 学部時代に国連ユースボランティアに参加しようと考えているんですが、やはり途上国を実際訪れることは職員になる上で必要だと思いますか?

③ 大学で経済を専攻し、国際貿易やWTOの役割、途上国の開発問題などを学ぶコースに進もうと考えているのですが、この内容を活かせたり、Fairtradeの普及などに関われる国連機関としてどの機関が挙げられるでしょうか?

④ また③をの内容を望む場合、どんな企業に就職すべきでしょうか?

⑤ 高校で一年カナダに留学し、大学でも勉強を続けるので英語はそれ程問題がないとして、現在第二外国語でフランス語を勉強していますが、この能力は英語が完璧に話せても求められるものですか?


回答

① 国連職員になるために必要なスキルは年々変わります。なので、〇〇さんが応募するころにどうなっているかは今はまったくわからないですね。あと、国連職員になることを目指すのではなく、自分の選んだ職業でトップクラスの職人になることを目指した方が良いと思います。

そういう人は残念ながら、国連で働くことを嫌います。難しいと思いますが、働く機関にこだわるのではなく、職業と専門性にこだわってみてください。でないと私のように国連で働いた瞬間にガッカリするハメになりますよ(笑)。

② 国連だけでなく、国際開発の分野で働くことを目指すなら、私はやっぱり途上国で活動する意味は大だと思います。それを若い頃からすると視野が広がります。私事ですが、私たち兄弟は子供の頃から親に連れられて途上国を何度も訪れていました。その時に感じたことが今の自分の基盤になっていると思います。

③ 国連機関にしぼると World Trade Organisation でしょうね。前にブログに載せた国連の人事のサイトで貿易に関わる仕事を検索してみてください。他にもあるはずです。

④ 日本でいうと古株で商社。今のこのグローバルな社会では 中小企業でも自分たちで海外と取引をしているので、そんな会社も有りですね。 貿易業者、その他企業の海外取引部門。今や何から何まで輸出入品なので、電気屋なりスーパーなり、いろんな会社でそういった仕事はできると思います。

⑤ 英語は必須です。しかもかなり高度なレポートがきちんと書けるようなレベルです。このレベルは海外留学しないと身につけるのが難しいレベルですね。 第2外国語もあれば尚良しですが、今は必須というほどではありません。ただ、ネイティヴな外国人とポストを取り合う時に、そういう細かい点が効いたりします。

私個人としては、フランス語やスペイン語より、中国語がお勧めです。仏・西語を話せる英語ネイティヴはわんさかいますが、中国語を話せるとなるとガクッと減ります。彼らには難しすぎる言語なので。

どれだけユニークさを追求できるかも考えてみてください。言語に限らず、キャリアや留学に関してもです。人と同じことを同じように競っても面白くなく、'ah one of those' で片づけられる事が良くあります。


この返信を送った後に、面白そうな仕事があったので、この情報も送らせて頂きました。


この外務省の人事メール見られたでしょうか?最初の仕事が貿易に関する職業なので、調べてみると面白いかもしれません。

【日本アセアンセンターの空席情報(2ポスト)】

国際機関の日本アセアンセンター(所在地:東京都港区新橋)では、現在、以下の2つのポストを募集しています(応募〆切:8月21日(日)まで)。  

東京での勤務になり、日本人向けと言えます。貿易や観光の分野で活躍されてきた方は是非応募ください!

<共通事項> 学歴:大卒以上 言語:英語(TOEIC860点以上。アセアン諸国の言語ができる方、歓迎)


職種:貿易投資部 貿易担当部長代理
職務:日本とアセアンの貿易促進に関する業務
職歴:10年以上(貿易促進、政策立案、アセアン諸国の人材育成、制度構築のスキル 他) 年俸:670万円以上(社会保険完備、通勤手当支給、退職金制度あり)

この仕事は職歴10年ですが、この人一人が貿易に関する仕事に関わっているわけではないと思うので、一度ASEANセンターに連絡を取って話しを聞いてみるのも面白いかも知れませんね。自分のつきたい分野で働いている人はすごい情報源になりますよ。


block-1512119_640.jpg



では、さよなら、さよなら、さよなら。

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
Related Entries

Comments

Post a comment

Private comment

プロフィール

yamadanz

Author:yamadanz
関西人。日本を飛び出したのが2002年。最近オーストラリアのアデレードからミャンマーのヤンゴンに赴任してきました。仕事は国際開発のプロジェクト管理。オーストラリア系の会社で同僚にもみくちゃにされながら、楽しい日々を過ごしてます。オーストラリアでの留学、就職、移住の経験もボチボチ書きます。

記事一覧

ご相談専用窓口

国際開発を目指す方のご相談をいつでも受けつけています。 FC2ブログからは非公開のコメントへの返信ができませんので、ご相談のある方は LinkedIn までメッセージお願いします。お待ちしております! LinkedIn メンバーとつながりを構築するを参照ください。

インスタグラム instagram

現地で働く様子や出張の様子をこまめにアップしてます。yamadanz

Google Analytics

応援ありがとうございます

FC2カウンター